So-net無料ブログ作成
検索選択

悪い面が出ること [教育]

 こんばんは、トリです。
 昨日の仕事帰りに露天のある銭湯に行ってきたんですが・・・
 いざ帰ろうと思ったら傘が盗まれていました・・・!
 100均の傘だし、駐車場までも遠くないからそう気にはなりませんでしたが・・・
 なかなか解せないですよね。





 さて、今日は子供の悪い所についてです。
 具体的にどういった所、というわけではなく、
 悪いところが出ることそのものについてのお話になりますが。

 宿題したくない、あれ買って、
 まだ遊びたい、ぼくやってない・・・などなど、
 保護者の皆さんからすると、子供のだらけた生活やわがまま、
 悪戯は頭を悩ませることかと思います。
 
 そういった悪い面には、もちろん教育に携わる私たちも悩まされることはあります。
 私たちがよく直面するものは、
 他の子と物の取り合いでケンカをしたり、
 自分の主張を曲げなかったり、
 静かにするところではしゃぎまわったり、
 もっと遊びたい!なんかが多いですかね・・・。
 どう対処することが子供にとって良いことなのか、
 常に考える毎日です。

 

 子供によって多種多様な出方をする「悪さ」ですが、
 「悪さ」が出ることそのものは悪くないと思っています。

 もちろん人を傷つけたり、権利を犯したりする場合は
 すぐに必要なことを教えなくてはなりませんが・・・
 大人を困らせたくてやっていたり、物を欲しがる等のわがままは
 子供が大人に対しての甘えを出せていたり、
 信頼関係がきちんとできている証でもあるからです。

 むしろ、大人や近しい人に対して自分の主張や甘えがきちんと出せない方が
 心の奥底を捻じ曲げていくのではないかと考えています。

 

 また、「悪さ」は
 人間として生きていく中で大切な事を学ぶタイミングでもあります。
 誰かに優しくすることで優しさが帰ってくることや、
 嫌なことでも乗り越えなければいけないことを学ぶのも、
 こういったタイミングなのではないでしょうか。

 「悪さ」が続けば周りにいる人間や大人もしんどくなるものですが、
 子供の悪さは甘えと信頼の証と捉え、
 たくさんのことを学ぶきっかけとして、
 これからも子供と接していきたいと思います。

 今日の雑感でした!



 それでは今日はこのへんで。
 皆さんおやすみなさい!



 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 


   


nice!(25)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 3

U3

 小さい頃から自分から仕掛けることはありませんでしたが、遣られたら遣り返す「問題児」扱いされる子供でした。
by U3 (2015-09-19 12:29) 

U3

 そういえば小学生の頃、クラスこぞって一人苛められた事もありますが我慢の限界を超え、先頭に立っていたクラス一の悪がきを徹底的に痛めつけたらそれからは誰も苛める者がいなくなりました。擦り寄って来る者は撥ね付けました。
 子供は良い事も悪しき事も際限がないというのがわたしの実感です。大人の知らないところで悪さをしますから。特に教師に優等生扱いされている子供ほど性格が歪んでいる場合が多いと思います。表裏を使い分ける知恵がありますから大人顔負けです。先入観は持っていませんし色眼鏡で見る事はありませんがその傾向はあると思います。
 子供は社会の縮図です。ですがそれは大人と同じ世界でもあります。
by U3 (2015-09-19 12:49) 

トリ

>U3さん
こんばんはー!
子供は社会の縮図というのはその通りだと思います。
その時に生きている大人の価値観や社会が子供の人格を形成するからこそ、
自分たちの行動や考え方をしっかりさせなければいけないと感じています。

身近な大人の背中を見て子供たちが育っていくのは、昔もこれからもずっと変わらないことですので・・・
何が正しくて、何が悪いことなのか、子供の前にまずは大人が考えていかなければなりませんね。

by トリ (2015-09-25 00:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。