So-net無料ブログ作成

言葉の並びと英文法 [英語]


 こんばんは、トリです。
 先日子供と川辺を散歩していたんですが、
 流れが途切れていて、何もない所から川の水が流れ出しているのを発見しました。
 子供は「これすごい水なんじゃね?」とか言っていたので、
 夢を壊さないように「そうかもしれないねぇ」と伝えてみました。
 
 実際の所は地下に川の水脈があって、地表に出てきただけなんでしょうけど・・・
 下流の川辺で間近に見たのは初めてだったので、
 私も少し驚いてしまいました。




 
 さて、今日は英語から「言葉の並びと英文法」です。
 
 少し前に、国語でも文法をきちんと勉強することで、
 言語力がつくことがあると書きましたが・・・・
 それは英語においても同じことが言えます。

 なんとなく勉強をするのでは、
 なかなか覚えられないし身につかないしで嫌になりがちです。
 ポイントをしっかり掴んで効果的に学習してもらいましょう!



 本来一般公立校において、きちんとした英文法を習うのは高校に入ってからです。
 ですが、学校で習い始めて半年経った頃か、
 一般動詞を習いだすころにはもう教えて良いでしょう。
 
 もちろん、いきなり高校内容をそっくりそのまま教えるわけではありません。
 始めは日本語と英語は言葉の並びが違うことをと伝え、
 それがどういう順番なのか、という
 一番基本的な部分を学ばせたり、考えてもらうだけです。
  
 日本語では
 「私は今から宿題をします。」
 といった内容が、
 英語では
 「私は宿題をする、今から。」
 といった風に、
 日本語と英語では言葉の並び方、伝え方が違うということを理解しておくだけで、
 理解度が大分変わってきます。
 実際に、私がいた教室で英語の講師がそのような教え方もしていました。

 否定文や疑問文などの構文が変わった時に、
 言葉の並べ方がどうなっているのかを、触れていければ良いですね。
 日本語の文法の理解度が高ければ、合わせて触れても効果があるでしょう。
  
 ちなみに中国語や漢文も英語と同じような言葉の並べ方をしているので、
 応用が利く部分でもありますね!

 
 
 英語は単語の1つ1つをしっかり覚えていかなければならないので、
 どうしても覚えるのが苦手な子は苦戦しがちな科目ですが・・・
 
 文章の並び方がわかっていて、主語と述語だけでもわかっていれば、
 他の言葉がわかっていなくても
 ある程度英文を理解することができるようになっていきますよ。

 ぜひ子供にこの文章は日本語と比べて、どんな並び方をしているのかを
 考えさせてみてくださいね。



 それでは今日はこのへんで。
 皆さんおやすみなさい。



 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 


   


 
 

nice!(64)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 64

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。