So-net無料ブログ作成

東大生とお母さん [教育]

 こんばんは、トリです。
 子供同士がやんわり揉めております。
 見ていてもどかしいなぁ・・・と思いますが、
 生きていく中で避けては通れないことですし、
 そういったことを乗り越えるのも必要なことですからね。
 
 自分でどうすればいいか考えてもらって、
 のんびり様子を見つつ、
 必要に応じてうまく解決できるようフォローしようかな、と思います。



 

 さて、今日は塾講師をしていた時の上司のお話を。

 前回の記事で、
 >「子供にどこまで自分のことをやらせるか」
 ということをテーマにお話しましたね。
 実は私の基準は元上司からの影響をかなり受けています。

 東大卒の元上司が子供の頃、
 母親からどう接されてきたかを聞いたことがあるのでご紹介しますね。



 日本最高学府を出た多くの人は大企業だったり、
 官庁に勤めたりすることができるにも関わらず、
 塾の先生を選んだ変わった方です。
 とても失礼な発言ですが、本人が言っていたので・・・
 
 掃除をなかなかしなかったり、優先度の低いものはよく忘れたりと、
 困った所も多いですが、
 理系の科目を教える力、厳しく、時に優しく教室を引っ張っていく力は
 心の底から尊敬できました。

 

 そんな彼の家では、
 小学校を卒業するまでは
 勉強の仕方、食事中の行儀、掃除、外でのマナーなど、
 かなり厳しく育てられたそうです。
 特にお母さんが厳しかったそうで、凹むこともしばしばだったとか。
 
 ところが中学生に上がった途端何も言われなくなり、
 何か選択や決断をする時も、アドバイスこそすれ、
 「あなたの人生だから、自分で考えて決めなさい」と。
 高校を選ぶ時にも何も口出しされず、
 志望校を伝えたら「そう、わかった」と言われたようです。

 業者しか入手できないテキストが欲しいんだけど、と相談したら、
 自分の名前で法人格を取って入手してくれたというすごいお話もありました。

 そういった育て方に対してどう思うか聞いたところ、
 大変ではあったけど、多くのことを自分で決めてきたから後悔してないよ。
 と言っていましたね。
 


 子供の性格は十人十色なので、
 同じ育て方をしたからと言って子供が有名大に進んでくれるとは限りませんが・・・
 根が真面目な方だったので、同じようなタイプのお子さんで、
 とにかく学力をつけてもらいたいというご家庭では、
 参考にしてみてもいいかもしれませんね!


 
 それでは今日はこの辺で。
 最近勉強の話をほとんどしていないですね・・・・
 そっちも強化していきます!
 
 おやすみなさい!



 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 


   

nice!(59)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 59

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。