So-net無料ブログ作成
検索選択

勉強方とおすすめ教材 [教育]


 こんばんは、トリです。
 今日は半日休みだったので楽だったはずなんですが・・・
 なんだか身体が重たいです。
 寝すぎたせいでしょうか。

 生活リズムって大事ですね・・・!



 

 さて、今日はまた勉強やテストに関するお話で。
 
 おすすめ教材なんてタイトルですが、
 セールスとかではないのでご安心を!



 中学生の子供をお持ちのみなさん。
 自分の子供は、
 テスト前に「しっかり」勉強ができている
 と感じますか?

 勉強そのものをしているかどうかも大事ですが、
 テストで点数が取れる子と取れない子の差は、
 勉強のやり方に大きく違いがあります。

 点数が取れる子は、「こうすれば点数が取れる!」という
 勉強の仕方をよく理解しているんです。
 逆に、点数が取れない子は、テスト前に何をしていいかわからず、
 とりあえず机に向かって、
 勉強した「つもり」になっている事も少なくないですね。

 私立の学校でもない限り、
 中学生になったばかりの子供はみんな、
 テストで点数を取るための勉強方法はほとんど確立していません。
 そういう意味では、中学校に入って最初のテストはかなり大事と言えますね。
 勉強の仕方で差がついてしまうと、その差は広まる一方になりますから・・・

 なので今日は勉強の方法についてご紹介です。
 中学生になる前の子供をお持ちの皆さんも、
 既に中高生の子をお持ちの皆さんも、
 それぞれのお子さんの勉強方法を振り返っていただけたら、と思います。

 
 
 では本題ですが、学校のテスト勉強において最も重要なのが、

 テストに出そうな問題をなるべくたくさん解くこと、
 そして間違えた所を1個ずつ潰していくことです。

 当たり前でしょう・・・と思うかもしれませんが、
 学校で配布されている教材は、教科書、副教材(ワーク)程度であり、
 あとは授業中にノートを取るくらいです。
 これでどうやってテスト勉強をするのか、と言われると・・・
 ワークをやったり、ノートを見返したり、教科書の残りの問題を解く程度ですよね。
 はっきり言って、「解く」量が足りないんです。

 

 じゃあどうやってテストに出そうな問題を手に入れるの?
 という所で注目しておきたいのが、
 教科書を出版している会社です。

 帝国書院、東京書籍、教育出版、三省堂、光村図書などなど・・・
 様々な出版社がありますが、
 子供に教科書を見せてもらって、これをメモしましょう。
 
 実はこれらの教科書には、
 教科書準拠の問題集があり、一般に販売されています。
 塾に通っている場合は、教材として買わせる場合もありますね。
 
 この教科書準拠の問題集は、
 言葉通り教科書の内容に沿った問題が単元別で並んでいますので、
 実際にテストを解くのとほとんど変わらないんですよね。
 間違えた所をやり直してできるようにしておけば良いですし、
 ポイント等も抑えてくれてあるので、
 テスト本番までに全て解けるようにしておけば心強いですよ!

 だいたい市内に1ヵ所か2ヶ所は
 教科書と、教科書準拠の問題集を売っている書店がありますので、
 探してみてはどうでしょうか。



 頑張って勉強しても、重箱の隅をつつくような問題を出してくる先生はいますが・・・
 それでも他の子より点数が高いというのは、子供にとって自信になります。
 皆さんのお子さんが良いスタートダッシュを切れたらいいですね!



 それでは今日はこのへんで。
 みなさんおやすみなさい!



 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 


   
nice!(69)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 69

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。