So-net無料ブログ作成
検索選択

英語と発音 [英語]

 こんばんは、トリです。
 今日子供と遊んでいたら、脈絡もなくパズルマットを持っていきました。
 何をするのかな、と思ってついて行ったら、

 花道を作ってモデルポーズ・・・!

 本当に唐突だったので大爆笑すると共に、
 職場の人々と一緒にどこで覚えてきたんだろうね、という話に・・・
 子供は見てきたものをどんどん吸収して実践していきますね。
 見ていて面白いです・・・





 さて、今日は前回の話の続きから、
 「英語発音」についてです。



 英語の科目は苦手ながらも、夏期講習などでは
 余裕のある講師が各科目の基礎を担当することはよくあります。
 私も国語、社会が中心ですが、算数、基礎英語、理科は教えていました。
 
 そんな中、英語の先生はよく
 「とにかくアルファベット名、書き方、発音!それだけ抑えて」
 と言っていました。
 
 実は最初は
 発音って何の役に立つんだろう~、くらいに思っていたんですが・・・
 実際にやってみると、

 スペルミスが格段に減るんです。 

 

 例えば「傘」を英語で書くと、「umbrella」ですが、
 中学生とかに書かせると「anbrella」とかになったりするんですよね。

 この間違いは「U」というアルファベットが、
 「ユー」という名前なのに、「ア」と発音をするため起こりやすいんです。
 
 他にも、英語の発音を聞いて答えなさい、といったテスト問題では、
 EとA、BとV、UとW、OとA、RとLあたりが間違えやすい所ですね。
 これはそれぞれの発音が近いために起こりやすいです。
 
 Aは日本語でいう、アとエの中間音、
 Eはエ、
 BとVは唇が触れるか触れないか、
 Uはローマ字読みで「ウ」と読むため、
 Oはオとアの中間音を出すため、
 RとLは唇が上あごにつくかつかないか、

 と言ったように、かなり細かい所があるので、
 発音問題は間違えやすいのです。



 きちんとそれぞれの発音を学んでおくことで、
 教わらなくても音の足し算をすれば、
 単語を見た時にある程度正しい発音ができるようになりますよ。
 単語と意味だけで覚えておくよりも、正しい発音が加わることで
 記憶しやすくもなります。
 
 ちょっと話は変わりますが、
 英語の教科書には単語の横に「発音記号」なるものが書いてありますね。
 発音の練習はさせられるのに、発音記号の勉強はしない学校もあるそうで・・・
 θとか意味わかんねぇ、と子供の頃思っていた記憶があります。
 そういった所も解決するのではないかと思います。
 


 いずれ子供に英会話ができるようになってほしい、と思っている方はもちろん、
 英語を得意科目にさせるためにも、
 発音はしっかり学んでおくことをオススメしますよ!



 それでは今日はこの辺で、
 皆さんおやすみなさい!


 
 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 


  
nice!(65)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 65

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。