So-net無料ブログ作成

ごめんなさいと言えること [教育]


 こんばんは、トリです。
 今日は子供たちを連れて児童館に遊びに行きました。
 
 まぁ雨だったのですっごく混んでましたけどね・・・
 子供は賑やかな所が好きですし、楽しそうだったので良しとしましょう。



 そんな児童館でですね、
 1人の子供が、他の子供のグループの積んでいたブロックに
 自ら突っ込んでいきました。
 
 目の前に楽しそうな物があったんで抑え切れなかったんでしょう・・・
 不安定な状態だったブロックは崩れ、
 崩された子供はお怒りです。

 「私そんなつもりじゃなかった・・・」
 といった表情で子供が立ち尽くしていたので
 「きちんと謝って、もとに戻すのを手伝いなさい」と伝えました。
 
 許してもらえたようで子供もこちらも一安心です。
 きちんと謝ることができるって大事ですよね。



 子供と接しているとわりと良くあることかと思いますが、
 こういったケースに触れるたびに、

 自分は悪い事をした時にどれだけ謝れているかな、と思います。 

 書いててだんだん凹んでくる内容なんですけど・・・
 歳を取って、考え方や方針が固まってくるほど、
 意固地になる自分がいるなぁ、と感じるんですよね。
 そして同時に、言葉で自分を正当化して、誤魔化している時があるのではないかとも。

 

 大人は大体、子供が悪い事をしたら「謝ろうね」と言いますね。
 私も今日それを言いました。
 
 だからこそよく思うのですが、
 教育に携わるものとして、自分が悪い事をしたと感じることは、
 大人でも子供でも、年上でも年下でも、どんな相手であれ
 きちんと謝ることができる大人でありたいなと思います。

 そうやって1人の大人の背中を見ることで、子供も悪い事をした時に
 素直に謝ることができるようになると信じていますし、 
 大人になっても自分の否を認めることができるでしょうから。

 

 今日は前から気をつけていたことを再認識した1日でした。
 
 子供を見ていると本当に学ぶことが多いなぁ、と思います。
 いち教育者のつぶやきに付き合っていただきありがとうございました。



 それでは今日はこのへんで。
 皆さんおやすみなさい。



 よろしければポチっと押していただけると嬉しいです!
 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 




 

nice!(65)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 65

コメント 2

nona

子供の行動を見て、自らを反省する・・・
そういうことって、なかなかできないし、
すばらしいことだと思います。

トリさんは、何歳になっても成長し続ける
素敵な方なんだな、と思いました (*´▽`*)

by nona (2015-04-05 05:56) 

トリ

nonaさん
こんばんは、ご訪問ありがとうございます!

いやぁ・・・周りの方にはそれほどご迷惑をかけてないとは思うのですが、
最近本当に自分が意固地になってきていると感じることが多くて・・・
自分が恥ずかしいなと思うくらいです。

nonaさんの言う通り、何歳になっても自分を改善、成長させられるように頑張っていきたいです。
コメントありがとうございました!

by トリ (2015-04-05 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。