So-net無料ブログ作成

単位の変換 [算数・数学]

 こんばんは、トリです。
 今日は髪の毛を切りに行きましたが、
 毎回と言っていいほど寝てしまいます。
 気がついたら切り終わっているパターンがほとんどで・・・
 
 周りの人は案外寝ていないように見えるのですが、
 どれくらいの人が髪を切られている間に寝ているのでしょうか。
 驚くほどどうでもいい疑問ですね。すみませんでした。





 さて、今日は4年生あたりから習う単位の変換についてです。
 単位の変換のあたりでは、少数が絡んできたり、桁が変化すると
 子供たちは間違えやすい傾向にあるようです。



 ついこの間、
 「21.4dl(デシリットル)をl(リットル)に直しなさい」
 という問題を教えました。
 皆さん答えはわかりますか?

 余談ですけど、d(デシ)という単位って日常において驚くほど使わないですよね。
 どこかの業界では使うのでしょうか・・・

 答えですが、d(デシ)という単位は10分の1という意味なので、
 2.14lが正解ですね。

 10dlが1l、と理解はできても、
 すんなり計算してできるのは頭の良い子だけです。
 他の数字になるとまた混乱したり、
 小数点はどっちにずらすの?なんて言われたりもします。



 そこで子供たちに教えるときに、私はお金を例えに使います。
 わかりやすいものならお金でなくてもいいですよ。

 一万円を一万円札で表すと1枚。
 じゃあ一万円を千円札で表すと何枚?
 一万円を一円玉で表すと?

 といったように、
 物の単位が小さくなると物量が少なくなり、
 物の単位が大きくなると物量が減る
 ことを理解させてあげましょう。

 単位の大きさはもう覚えるしかないものですが・・・・
 ここを教えると、ちょっと考えてから1人でできるようになる子が多かったです。
 先ほどの問題も、21.4dlから単位が大きくなるから、
 物量が減って、2.14lと理解してもらえました。



 こういう問題の例えを探すたびに、
 当たり前になってしまっていることを教えるって難しいなぁ・・・と思います。
 けれど、子供ができるようになると本当に嬉しいですよね。
 
 年齢によってはうまく嬉しさを表現できないこともありますが、
 それでも人間はいくつになっても目上の人から認められるのは嬉しいものです。
 できたらたくさん褒めてあげてくださいね!



 それでは今日はこのへんで。
 皆さんおやすみなさい。


 
 よろしければポチっと押していただけると嬉しいです!
 
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
          

 スポンサード リンク
 




nice!(41)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 41

コメント 2

raomelon

目が覚めて「えーーー!」って事は無いのですね(笑)
私はカットの間は寝ませんがシャンプーや
カラーの待ち時間とかによく居眠りしています^^;
クーはとっても芸達者だったのですが段々出来ることが少なくなって・・・
そんな時何か出来ると家族みんなで大拍手したり
オーバーなくらい褒めちぎっていました
嬉しそうなドヤ顔が忘れられません^^
by raomelon (2015-03-22 07:43) 

トリ

raomelonさん
何度か「えーーー!」もありましたが、
最近は寝ている自分が悪いと思えるようになってしまいました(笑)
シャンプーも気持ちいいですよねー。

褒めるって動物でも大切なことですよね!
素直に笑ってくれるのが本当に可愛いなぁと思いますー。
by トリ (2015-03-23 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。