So-net無料ブログ作成
検索選択

文章の書き方① [国語]

 こんばんは、トリです。
 先日、元職場から卒業パーティのお誘いが来ました。
 数年会っていないだけですが・・・
 みんな大きくなっているんだろうなぁと思うと、とても楽しみです。
 
 本当に子供は驚くほど早く成長しますよね。
 子供の急激な変化についていけないのは、子供だけでなく、大人もなのかもしれません。





 さて、ずーっと同じような話をしてても飽きてしまうだけなので、
 今日は「文章の書き方」をご紹介しようと思います。
 あくまで基礎の内容なので、ご存知の方もいるかもしれませんが。


 実は文章の書き方はほとんど学校で習わない内容だったりします。
 「自由に書け」と言われる割には自由に書けば評価をされ、
 「何を書いたらいいかわからない」上に、「書きたくないテーマ」を書かされるので、
 子供は基本的に作文が嫌いになります。
 何より、長い文章を書くのは面倒くさいですしね。
 

 そんな子供の苦手意識を克服、または楽しく作文を書けるようにするためには、
 入り口の段階で
 書きたいことや書きやすいことを書かせ、
 長所を評価し、
 書き方を教えることです。 
 

 そのために私は「ドラえもん」や「友達」、「好きなこと」について書かせたりしたわけですね。
 書きやすい内容で書き方がしっかり覚えられれば、
 テーマが難しくなっても書けるようになりますので。




 それでは文章の書き方ですが、まず初めにやることは、
 

 「書くことを決める」ために「材料を集めること」
 

 です。
 この作業が作文の命になります。
 面倒だと言う子供がいたら、
 「おかしくなって書きなおすのとどっちが早いか」聞いてみてください。
 

 そのためにまず、
 一枚の紙を用意し、まんなかに書くテーマを書きましょう。
 そのテーマについて、「なにか」「なぜ」「どういった」ものかを考え、
 思いついたことを枝分かれするようにどんどん書いていきます。
 さらに思いついたことについて、思いつく事を考え、
 関連する事項をどんどん広げていくのです。

 最近の私で例えるなら、
 (好きなこと)-(映画)-(ベイマックス)-(ディズニー)
                          -(可愛い)
                          -(感動できる)
                            -(癒される)
         
        -(カラオケ)-(ストレス解消)-(好きなアーティスト)
                  -(歌うことが好き)-(上達したい)
         
        -(子供と遊ぶ)-(公園)-(運動不足の解消)
                   -(ゲーム)-(子供の方が上手い)
                  -(気づきがある)-(自分の成長)

 こんな感じです。
 今は紙に書けないので、ちょっと書き方を変えています。
 見づらくてすみません・・・

 とにかく最初はこの輪をどれだけ広げられるかが大事です。
 何度かやっているうちに時間もそうかからずできるようになっていきますよ。
 この「材料集め」の作業では、副産物として論理的な思考の成長も期待できます。



 
 大人の方も自分の考えがまとまらないとき、
 何に順序をつけるか迷った時に使える手法です。
 ちなみに私もこのブログを書くにあたり最初に行いましたので、
 ぜひ使えそうなら使ってやってください!


 
 それでは今日はこのへんで!
 明日に続きますー!おやすみなさい!



 


 宣伝
 このブログでは「こんな時どんな話したらいい!?」といった質問もお受けしています。
 こういう場だとどうしても抽象的な内容になってしまうので。
 参考の一つになればと思いますので、気軽にどうぞ!
 なお、ご質問の場合にはお子様の年齢と性別もよろしくお願いいたします!


 
 スポンサード リンク
 





人気ブログランキングへ

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。