So-net無料ブログ作成
検索選択

子供と話をしよう。高校生向け② [高校生への話]

 こんばんはトリです。
 最近になって幼児期の子と接する機会が増えましたが、
 幼児期の教育って本当に大変だなぁ、と思っています。

 生きていくための基礎となる学びを与えつつ、
 子供の主体性や活動を伸ばしていくというか・・・
 どこまでを行動で学ばせ、どこから言葉で伝えていくのかがとても難しいです。
 子供たちをできる限り成長させられるよう、私も日々邁進しなければと感じます。





 さて、今日の話は子供と話をしよう。高校生向けの②になります。
 正直、親の立場からだと普段は伝えにくい内容かもしれません。
 なので、肝心な時用です。

 高校生という年齢を考えると、それまでの育成や環境、本人の自我が色濃く出てくる歳なので、
 親の言うことを聞く子供って珍しいですよね。
 実際、私も高校生の時に親の話をロクに聞いた覚えがありません・・・

 じゃあ話をしなくてもいいのかと言われると、そうでもない場合もある難しいお年頃。
 これくらいの年齢になると、気軽に話をしやすい環境を作り、
 必要な時にアドバイスが通るような関係を作っておいた方が、
 大人からの話が通りやすいのかもしれません。


 そんなアドバイスの一つとして、今日のお話をご紹介です。




 「自分にとって大事なものを見失う事のないように」

 「高校生から先、今まで以上にどんどん世界が広がっていく。
 色んなものを見て、迷ったり、考えが変わったりすることもあるかもしれないけれど、
 自分にとって一番大事なものがなにか、進みたい場所がどこか、
 それをちゃんと考えていくんだよ」




 
 子供が何かにぶつかったり、迷ったりした時に話をしたい内容です。
 

 交友関係でも受験でも、悩んでいるときはどうしても成長が鈍くなります。
 それは決して悪い事ではないです。むしろ大いに悩んで自分なりの答えを見つけて欲しい。
 こんな話をしても、高校生になった子供が
 素直に自分のことを話してくれることはそうそうないかと思いますが・・・
 それでも、子供が何かを考え直すきっかけにはなると思いますよ。

 それに、期限がある目標に向かう場合は、
 早い段階から意思をしっかり固めて一心に進む事が大事です。
 大人になってやってみたいことのために、できるだけの後押しはしてあげたいものですね。



 それでは今日はこのへんで!次回はまた全年齢向けにいこうと思います。
 皆様おやすみなさい!




 

 宣伝
 このブログでは「こんな時どんな話したらいい!?」といった質問もお受けしています。
 こういう場だとどうしても抽象的な内容になってしまうので。
 参考の一つになればと思いますので、気軽にどうぞ!
 なお、ご質問の場合にはお子様の年齢と性別もよろしくお願いいたします!


 
 スポンサード リンク
 





人気ブログランキングへ



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。