So-net無料ブログ作成
検索選択

子供と話をしよう。低学年向け① [低学年への話]

 
 こんばんは、トリです!
 今日は子供が日本地図のパズルを完成させました!
 今までできなかったものがひとつできるようになるって嬉しいですよねー。
 褒めてつかわしました。

 
 さて勉強をする、またはヤル気を出させるための土台固めとして、
 子供と話をすることを推奨していますが・・・
 何を話せと?
 と思いますよね。
 それに普段からたくさん会話しているご家庭もたくさんあると思います。
 


 私は小学校3年生~4年生くらいまでのお子さんとの話であれば、
 正直なんでもいいと思っています。
 投げやりではなくちゃんと理由があって、
 他人と話をすることそのものが脳を刺激するからです。
 言語を通して新しい知識の吸収、語彙量の増加、思考に働きかけられます。
 なので、日常生活で気になったことや見つけたものについてたくさんお話してあげてください!

 学力向上を大きく期待するのであれば、知的好奇心を多く刺激されるものがいいですね。
 その子供が興味があることを中心に、
 それだけにならないように幅広く、といった所でしょうか。
 あと子供は大人から見るとくだらないことが本当に大好きですので、
 くだらない話だと楽しんで聞いてくれると思います。
 



 というわけで、今日は子供に好評なくだらない話をひとつ。
 
 
 「この間メガネ屋さんに行ったら、すごいしっかりした店員さんがいたんだ。
 すごく丁寧な店員さんで、良いメガネを選んでくれたんだけど・・・
 鼻毛が一本びょんって飛び出てたんだ。」

 「なんで鼻毛って生えるんだろうね」


 ここだけ見ると授業中にこんな話してて申し訳ないとすら思えますが・・・
 実は子供と一緒にこの会話の答えを探していくだけでも、
 理科的な知識と会話による国語の知識が成長していきます。
 子供が出してくる答えが合っていても合っていなくても、
 鼻毛について考えることで思考力にも繋がりますね。
 
 ちなみに鼻毛の役割は、
 主に大気中に存在するホコリから体内を守ることです。

 この会話を通して他の毛の話や、
 人間の目には見えないものが大気中にたくさん存在すること、
 外的から体をまもるために毛が生えるのだということ、
 鼻毛は剛毛という強い毛だから、歳をとるほど強くなるとか、
 店員さんの鼻毛は何センチだったでしょう、など算数的な話まで。
 保護者の方も楽しみながらお話をすると、子供が物知りさんになると思いますよ!


 それでは今日はこのへんで!
 次回は高学年向けのお話①にいこうと思います!


 宣伝
 このブログでは「こんな時どんな話したらいい!?」といった質問もお受けしています。
 こういう場だとどうしても抽象的な内容になってしまうので。
 参考の一つになればと思いますので、気軽にどうぞ!
 なお、ご質問の場合にはお子様の年齢と性別もよろしくお願いいたします!


 
 スポンサード リンク
 





人気ブログランキングへ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。